上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニッポンの夏の風物詩、花火大会、夏祭り、そうめん、冷し中華、
風鈴、蚊取り線香、かき氷… 色々あるけれど、その中の1つ、
忘れちゃいけないのが、すいか。

色んな国のありとあらゆる食材を売っているお店があって、
そこのイチオシ食材は 店頭に 華々しく並べられるわけなんだけれども、
最近、横目で見つつも、重いしなーなんて思っていた、すいか。

日曜日に おせんべいを買いに行った時に、オットが居たので
試しにつぶやいてみる。 「 すいか、おいしいよね~… 」

オット、買おうか!と言ってくれた。しかも 運ぶ役はオット。
そうして手に入れた、英国で食べる お初のすいか。


かわいい。愛おしい。

日曜に食べるチャンスがなかったので、今晩あたりは良く冷えているだろう。うしし。
と思っていたのに… 今朝、起きてビックリ。さむ~。

何だか、夏、終わりましたから。もう秋ですからねー。
と言われている気がした。秋なんて通り越して、一気に
あの 雨風の冬を連想して 余計に寒くなった。

バルコニーで足を水にひたしながらすいかを食べよう!と思っていたのに。
こうなっちゃうわけね。夕方からは、おいうちをかけるように 雨まで降ってきたし。

まだかろうじて7月なのに。また夏日は戻ってくるのかなぁ。
あんなに暑かったのになぁ。やっぱり ここは英国…。
長い冬は確実に近づいてきているんだ。

スポンサーサイト

今、セールをやっている。お値段グングン下がってマス。

日曜日、洗濯を済ませてから サンデーローストを食べに、
そして お買い物に行ってきた。

パブから見える 小物屋さん、そこのバックに最初に目をつけたのは
オット。「 食べ終わったら 見てみよう。」 だって。

そして何とオットは そのバックを気に入り、買ってくれた。
全然 期待してなかったのに!


すっごくやわらか~い。ショルダーにもなる。
Ollie & Nic の、 コレ

じゃあ、次はオットの番と、メンズコーナーへ。
オットが前から目をつけていた、というジャケットとやらを品定めしようじゃないの。

ところが、そのジャケットが とんでもなくダサいシロモノで。
工場かなんかの制服みたいなんだもん…
オットは買う気でいたので、買っちゃダメのサインを必死に送るワタシに
なかなか納得してなかったけど…
ワタシもバックを買ってもらっちゃってるから、あんまり強く言えないし…
でも、でも、コレはナイでしょ~ …

オットは後ろ髪ひかれる思いで、ジャケットを後にし、レジに並ぶ。


結局ワタシのGOサインが出た、この薄手のセーターを購入。
これなら出番も多いんじゃない?裏地は薄~いピンク色でかわいい。

可哀想だけど、やっぱりあのジャケットはいただけないよ。

他にオットが買ったのは、コレ。


エスプレッソ用の小さな小さなカップ&ソーサー。
カップもお皿も四角い。
ワタシは色んな柄の入ったカラフルなヤツを想像してたんだけど、
シンプルな白はコーヒーが映えるかもね。

そしてワタシも前から目をつけていた、木製のボール、大小を。


ポテトチップやナッツを入れるんだー!
サラダもいいな。木目や色味でだいぶイメージが変わるので、
慎重に全て手にとって決めた。

レジのお姉さんに、「 (値段スキャンの) 用意は出来てるわよー! 」
と意気込んでスキャンの機械を振りかざされ、アラ、見てたのね、
待ってたのね、と恥ずかしくなる。

夜は 麻婆豆腐を勇んで作ってみるも、辛すぎて食べられず。
オットは インスタントラーメン作って! とぬかす。
日本の麻婆豆腐の素が手に入らず、中国のを買ったから、
多分辛いだろうな~とは思っていたけれど…

ワタシも山椒で唇がしびれ、大変だったのでオットには無理だな。
麻婆豆腐の『 麻 』とは四川料理の世界では
「 しびれる 」と言う意味も持っているのだそうだ。やけに納得。
しびれまくった。
そういえば、本格中華の 中華の鉄人のレストランに行ったとき、
麻婆豆腐食べられなかったもん、マジで。

というわけで、明日はオットの好きなカレーを作る約束をした。
リンゴでもすって 甘くしようかしら。面倒くさいなー と。


オット、急の出張の振り替え休日で、本日から土日合わせて4連休。
近場をドライブし、イタリアンランチを食べに行ってきた。
ついでにお買い物も。

ランチ前菜 
マッシュルーム、ガーリック詰め。

マヨソースでいただく。コレ、めちゃウマーー!!
でっかいマッシュルームに、詰め物たっぷり。
ジュージューいってる厚いフライパンにのってやってくる。
ワタシが頼んだのに、オット誘惑に勝てず。 半分とられた…。

メイン 
大好きなドライトマトのスパゲッティ。

チリって書いてあったのが気になったんだけど… やっぱり辛くて。
次回はやっぱりフレッシュトマトとバジルのシンプルスパゲッティにしよう。

トナリのテーブルで デザートのケーキを食べているのを横目に、
でも やっぱりもうこれ以上どう考えても入らなかったので
デザート断念。うぅぅ。

お買い物、こんなの買ってみたー!

いい感じ。 
バンブーシート。
デカくて、おまけに安かった。
部屋に敷いて、日本の畳のイメージで。涼しげでイイ感じ~。
ワタシの部屋は、小物も含め、だいぶニッポンちっくになってきた♪


我が家のバルコニーには だいぶ遅れをとって、やっと咲きだした
ラベンダーが。ワタシに似て、のんびり屋みたいだ。

本当は 濃いムラサキで 花の部分が長く、
シンプルなイングリッシュラベンダーが好きなんだけど… 
義母にいただいたラベンダー。




今日はこの後、さっき買ってきたばっかりのDVDをみる予定。
ジョニー ディップ様の リバティーン
楽しみだー☆


このところ日記をサボり気味。
毎日のように 母親とスカイプで話しているのもあるし、
何だか疲れっぽいし。 ( 妊娠を理由にしたりして。 )

でも、ここ何週間か、仕事がない日はダラダラしているにしても
早寝早起きをしていて、タバコもやめるわけだし、健康的かな~とか思ったり。

食生活も気をつけようと思ってるし。いや、気をつけなければ。

出産まであっという間だろうし、この妊娠中の時間を無駄にしないためにも
ちょっと勉強でもして… などとも思うけど、自分に甘い
努力キライのワタシは、でも子供がいたらダラダラ~っとしてる
時間もないだろうし、今のうちかな、優雅に時間を無駄にしてられるのも。
なんて思ったりしている。

日常はいたって変わらない。オットとはまあまあ仲良くしてるかな、
って時もたま~にアリ、でケンカしてるときがほとんどって感じ。
ムカつくー!!きー!!ってことが多い。
ワタシの血の気も多いのか。イヤ、オットが悪い。

日曜日はサンデーローストを食べてきた。あいかわらず。



入ったことのないパブで、外で食べているお客さんのローストを盗み見ると
かなりイケてる感じが。わーい、わーい。ここにしよう!
と決めた直後、オットの 「 あ、売り切れだって。 」 の一言。
ガーーーーーン。

結局↑の写真は、行きつけのパブの。フツウにおいしかったけど。
次回は あのお店に絶対行こう。
ゆっくりランチの後、 「 パイレーツ オブ ザ カリビアン - デットマンズ チェスト」
をみた。おもしろかったぁ。そして ジョニー ディップ様はセクシーだった。

土曜はショッピングの日だった。帰り道、いつも寄る小さな町にて
かわいこちゃん発見。

窓辺にて 
ふかふかクッションをあてがってもらっている!
「 にゃんだ~? 」


「 眠い… にゃーーー! 」 うがーーー!!と大あくび。


ところで 最近、フィルム4というチャンネルが無料で見れるようになった。
これからは お金を払わなくていいらしい。いや、元々払ってないけど
見られるチャンネルが増えたということだ。しかも大好きな映画! わ~い。

問題なのは、これからは無料ですよー という広告だ。
さすが英国だけあって、TVなんかを見てると
「 うわ、こんなレアっぽいのに ユアンが出てる、フツーに! 」
「 こんなトークショーにユアンが? さすが英国! 」 とか
感動することが 多々ある。日本では拝めないユアンの姿に感激。
でもこれには さすがにビックリした。

新聞折り込み広告 
ユアン… いいの??
トマトになってる。着ぐるみ着てるよ…
トナリでエビになってる女性も有名だゾ。
多分、イヤなら受けないと思うし、楽しんでやってるんだろうけど。

カオのアップ 
だってヘタまでついてるよ?
で、このトマト君になりきってる顔… トマトになっても、やっぱ役者だわ。

ココ を開いて、ユアンの映ってるトコロをクリックすると、
動いて喋るユアントマトに会えます。
「 どうしてトマトにならなきゃなんないの? 果物なのか野菜なのか自分がわからないよ! 」
って… 腑に落ちない点は ソコだったのか、ユアン…

キミは野菜だと思うよ、ユアン。
「 だけどそこがアナタの神秘なトコロよ! 」 って、エビさん、
野菜って教えてあげてよ。彼女なりの悩めるトマト君への励ましか。
でも悩んでいる部分は まさにソコなんだし、慰めになってない気が?


本日、ブログを通してオトモダチになった だって英国なんだもん
雛子サンにお会いした。というか、日本に一家で引越しを控え、お忙しい
雛子家にオジャマした。 ( おしかけた。 )

お車で送迎していただき、オシャベリをし、
お手製の日本のお昼ゴハンをいただき、
( 雛子さん宅で ご本人よりモリモリ食べる。 )
お嬢の学校お迎えにも同行させていただき…

大変楽しい時間をありがとうございましたー☆

外出中につき、会えないと思っていた クロちゃん ( にゃんこ ) にも
最後の最後、お宅を失礼する際に、お会いすることができた。

電車の時間が迫っていたので、一瞬お目にかかっただけだったけど。
嬉しゅうございました。クロちゃんとテレパシーが通じたのだろうか。
ワタシの帰りを察し、わざわざギリギリに ご帰宅なさったのか。
ありがとう、クロちゃん。

面倒くさいのか、後ろ向きのまま にあ~ん と返事をして
最後に一鳴き聞かせてくれたクロちゃん。


いそいで撮ったため、ブレブレ写真。

そして、雛子サンの お嬢、かわい過ぎ。
カオもかわいいが、性格もかわいい。
とっても素直。すれていないところが、またいい。
どういう教育をしたら、あんなにイイ子に育つのか。
両親がきっとすばらしいからなのねー。

カメラを向けると満面の笑みで ガーリーなポーズをとってくれる。
それがまた、計算とかではなく、自然。とにかくカワイイのだ。

子供ながらに ワタシにちょっと気を使っているような感じもあって、
何だかちょっと申し訳なかったりもした。

もっと一緒に居られたら もっと仲良くなれただろうなー。

お嬢の彼氏も学校にて盗み見。カッコいい。
お似合いのカップル。


今度は日本で是非、お会いしたい。

雛子家でいただいた トマトとオリーブの自家製洋風浅漬け?
みたいなのがおいしくて、タレの作り方を教わった。

で、早速まねっこ。我ながらホレボレする旨さ。
しばらくは これでバリバリ野菜を、しかも どんぶりでいきそうだ。


トマトとキュウリでやってみましたー。
浅漬けというか、作った直後からバリバリいける、簡単サラダ。
バルサミコ酢、オリーブオイル、塩、コショウ、醤油、ゴマ油で。

また日本で簡単レシピを教わろう。これなら ズボラなワタシでもイケる。

業務連絡:雛子サン、おみやげの 水出し麦茶と焼き鳥の串、そしてバギー
      ありがとうございまシタ。お嬢とクロちゃんによろしく。
      旦那サマ、日本でお会いしましょう。


昨日から 英国、またグ~ンと暑くなってきた。
で、昨日 今日と英国お得意の風もない。風が吹くと
涼しいんだけど。

とは言っても、ニッポンの殺人的な暑さに比べたら
どうってことないよ、っていうのが日本人のワタシの本音。

オットは 昨日、暑すぎるから とっても歩けない、バスか車に乗ろうと
言ってきた。笑っちゃうんですけど。

まあ、日焼けはイヤなので、いいんだけど。
真夏に汗ダクのオヤジとくっついて満員電車に乗ったり、
逆に 日中汗ダクダクで歩き、寒いほどクーラーのきいた室内に入って
生き返ったりしてみてよ、と言いたい。

何もしてないのに、ジトジト じわじわと汗がかける日本の夏は
何かの ガマン大会かと思うほど アツイってのに。

熱帯夜もココにはないし。それでも 暑くて眠れないというオットがいるけど。
夜、バルコニーに出ると、風がある場合は寒く
冬のジャケットを着て バルコニーに居るワタシがいるというのに。

ところで、最近おいしい果物は、コレ ↓


いちご… ではなく、ラズベリー。

甘酸っぱくてオイシイ。ブツブツが歯にくっつくけど。
下手なイチゴより 断然甘かったりする。で、かなりの大粒。

そして 今ハマりつつあるスイートがコレ。 ↓


レモンドロップ。クラッシックなカンカン入り。

オットが先日 日帰り出張から帰ってきた際、
お菓子の山も一緒に帰ってきた。
その中で ワタシの目にとまったのが、このレモンドロップ。
他のは 全部 異常に甘そうなモノばかりの為、目もくれず。

サワーと書いてある割には、そんなに酸っぱさがないんだけど
もう一息、二息、いや三息くらい、酸っぱくしてもらいたいところなんだけど
甘すぎないので ヨシとする。

カンカンを見ると、ドイツ製になってる。間違いないんだけど
なぜか 韓国文字も一緒に記載されている。ついでにアラビア文字も。

Made in Germany って書いてあるのに。ナンデかなぁ?
おいしいから、ま、いっか。


オット、最近 本当に ほんと~っに チョコっとだけ、日本語の自習をしている。

機嫌が良く、気が向いた時、もしくは ワタシとケンカした後、
ホラ、ボクちゃん こんなに努力してるよ、エライねぇ。
とでも言いたげに、これみよがしに
( 成果はナイけど とりあえずカタチだけでもってカンジで )
自習用テキストを開いて ブツブツ言っている。

そして、カタコトの単語を使ったり、めちゃくちゃな順序で
コトバを1つの文章にし、意味不明の文法で 話しかけてくる。

たまに、そんな例文は使わないだろう… っていうキミョーな
例文を必死に音読していて、ぶったまげる。
妙な丁寧語で、あんなオットが かしこまっているように見えることも。
↑ 気のせいだけど。日本語を発している時は、キャラクターまで
  変わって見えるからフシギだ。

最近 お得意のコトバは、 「 じゃ~ねぇ~ 」 「 オハヨウ 」
「 オヤスミ~ 」 「 お茶ください、Mちゃん 」 「 アリガト 」
「 モシモシ~ 」 「 ハイッ 」 「 ね? 」 などなどなど…

今日は、野暮用で オットに夕方電話を入れた。
で、「 今日はランチに 折り紙を食べたよ~。 」 と言われても。
え?? 何の報告??? 折り紙???? ってナニ??
ほら~、三角のヤツだよ~ と言われてもわからない。

折り紙を三角に折ったところを想像してみて、ナゾは深まる。
う~~~~ん…。 で、話をよく聞いてみると、おにぎりのコトだった。

ついでに おみやげに 梅干しのおにぎりを3つ、買ってきてくれた。
で、「 サン。 」 と、またワケのわからないコトをおっしゃる。
これは、3つ買ったよ、という事を言いたかったらしい。
1~5位まで あやふやながら数えられるのだが、三個とか三つとか
いう言い方を知らないワケだね。

ここで、3羽とか 3匹とか 3脚 とか 3膳とか…
そんなコト言ったら大変だな、と思った。ので やめておいた。 


土曜日、ナショナルトラストに行ってきた。
こんなお屋敷の見学ができる。


広大な敷地。美術館のような絵画のホールもあり。
ザンネンながら、内部の撮影は一切禁止。

フランスの画家、ミレーの絵も発見。
フランスの農村風景で有名な画家だけど、
ここにあった絵は、 「 イタリアン ランドスケープ 」 という
タイトル。イタリアの景色の彼の絵がみれた。

お庭、というか、果てしなく広がる敷地。の一部。
建物周辺のお庭は バラとラベンダーでいっぱい。


円形に植えてあるラベンダーと その中に咲くバラ。


辺り一面がラベンダーの香り。


お屋敷の中に併設されたレストラン、というか喫茶で
セルフサービスのランチを。
まずそうだな、とは思ったものの、数少ない選択肢の中から
選ばざるをえず。ソーセージとホームメードのレモネードを。

オットは、ほうれん草とチーズのキッシュを食べていた。
これも期待通りに (?) まずかった。
次回は パックランチを持参したい。


実はここを訪れた目的は、お屋敷見学やお庭巡りだけではナイ。
人々があまり来ない 敷地のずーっと向こう、ひたすら歩くと
( といっても広がる草原地帯も敷地のよう。 )
限りなく野生に近いシカの群れに出会えるから。


青空のキャンバスに描かれた飛行機雲たち。
ひたすら歩く~

途中、こんな微笑ましい光景も。

6人兄弟 ( もしくは姉妹 ) だね。

草原を歩いていると、何やら目の覚めるような青の物体、
しかも細い棒切れみたいな物体が たくさん。空中をふわふわ。
え? 妖精?? と思い、目を凝らすと。
どうやら、トンボ。しかも すっごい細いやつ。
糸トンボっていう呼び名で合ってるのかなあ??

めちゃくちゃに青い糸みたいなトンボ。

肝心のシカは?お目当てのシカは??
そう簡単には会えないのかな~ … 青いトンボが見れただけでも、いっかぁ。
なんて思ってたら!! 歩いた甲斐アリ。いたーーーー!!!


すっっっっごいツノ。
オモチャみたいな、作り物みたいな。
あんなのアタマにのっけてたら、ほんと頭グラグラしちゃうよ、って位。

何でも、英国で見られるシカの中で、一番巨大なツノをもつ
シカさん達なのだそうだ。うわぁー、スゴイよ。


白いシカ、黒いシカ、バンビ風の茶色に白い点々のシカなど種類も豊富。

もう、こんなに見れたから、満足、満足。
と思っていたのに、オットはどんどん進む。
果てしない草原で、終わりが見えない。もういいよ~と
言っても、いーからちょっとここまで来てと言われ、
渋々ついて行くと、ちょっとした高台に登った様子。
下を見てといわれ、言われるがまま 眼下を見下ろすと…

そこは、巨大ツノをもつシカ天国だった。
先の見えない草原に、無数のシカが!!!!!
数千?? 多すぎてどの位なのかわからない。
ここは、アフリカ? ( アフリカにシカっているの? ) って
錯覚してしまうフシギな感覚に陥る。すくなくとも英国ってことを
忘れさせてくれる、ものすごい風景だった。










その広大さといったら、カメラに納まるわけもなく。
民族大移動、または 野生大運動会みたいな、
何十、何百が一斉に同じ方向へ 全速力で疾走する様をみて、
そこに居る自分が 信じられなかった。


その後はさすがに喉が渇き、ランチの経験を生かして、
一旦外に出て 町でお茶。
併設のレストラン、あれだけの敷地と庭を持ちながら、
外でお茶出来ないんだもん。レストラン内に外が見える窓がナイのも
納得できない! ということで、小さなティールームの
小さなバックガーデンで、お茶。


なごむ。


ホームメードのレモンケーキを食べた。
甘すぎず、満足。


その後、町をフラフラ散策し、ナショナルトラスト敷地に戻り、
散歩して、帰路に着く。
途中 小さなかわいい町があり、ちょっと降りて散策してみることに。

お城があるんだけど、城跡は プライベートの敷地になっているようで
入れない。外壁、すごかった。高~い。




で、この周辺は白ハトがいっぱい居る。
なぜか、グレーのおなじみのは 1羽もいない。ナンデ?
み~んな真っ白。で、彼らのねぐらは、どうやらココ。


城壁の一部拡大写真。
アーチの右上の白ハト見えるかな?
城壁にポコポコたくさん穴が開いていて、そこに
住んでいる模様。およそ12羽程を確認した。


町にはこんなわらぶき屋根のかわいいおうちが いっぱい。
かわいい、と言っても、大豪邸なんだけど。


かわいいドア。他人のお宅を写真に納める。
スミマセン…。

この周辺は、きっと皆さんお金持ち。
自動で家に入る門扉 ( というかゲート ) が開いて、
中に入っていく車も見たし。


遠くにわんこを発見。
わんこは 芝生と土を蹴散らし、必死の形相で穴を掘っていた。
わんこ~、と呼ぶと、わわ、寄ってきた! はい、ポーズ。

この後、通りすがりのご近所さん、多分わんこにとっては顔見知り の
オバサンに 扉を開けてもらい、わんこが入った先は…


ここのお宅 …。でか過ぎて、
おうちの全景写しきれないよ… ( コレ半分くらい… )
わんこ、リッチだったんだね…
っていうより、さっき掘ってた芝生、ヨソのお宅じゃん、わんこ……

ここの近くの墓地には ウサギがピョンピョン跳び回っていた。
拡大したので 画像がものすっごい荒いけど…
2羽のウサギ 
仲良く並んで、同じ方向を見据えていた。
何があったの??


七夕さ~らさら、今日は七夕だった。
日本の空の下、織姫と彦星は無事に会えたかな…☆
日本での 七夕の日は、雨が多かったような気がするけど
無事に会えてたらいいな。

ここイギリスは 日中 雨が降ったりしてたけど、
夜は星空が見えたから、2人は会えたはず。

笹も短冊もナイけど、お願い事、たくさんしておいた。


今日はオットと 激安店にてお買い物。
激安だからって 何でもかんでも ガンガンとカゴに入れてたら
会計時には結構な金額に…。アレ?これってお買い得??? ま、いっか。

かわいい。→ 
シマシマ大好き。お母さんに、囚人みたいと言われても。
色といい、カタチといい、ワタシにとってパーフェクトなの見つけた!
胸と背中の開きが丁度イイ。ウエストのトコがシェイプされてて
お腹のトコがリブになってる。カンペキ。
オットも気に入ったご様子。

妊婦なので、スグ着れなくなるけど、来年の今頃はコレをまた
着てやろうじゃないの。という意気込みで。
やる気アップの為、自分への戒めの為に。

出産後は 痩せやすい、と聞いた。結婚前に都心でオシャレして
働いてた頃の体に戻るラストチャンス位の意気込みで!!! 鼻息は相当荒い。
少なくとも今よりは 絶対痩せてやる!!!!!


本日のゴハン 
シャケのホイル包み焼き。バゲットサンド、ツナ。
シャケには白米と相場が決まっているものの、コッチのご飯は
カレーとか チャーハンとかにしないと、美味しくいただけないからサ。

炊きたての白米ゴハンがマズイ。
早く お母さんのお家ゴハン、日本で食べたいなー。
里帰り出産の日が待ち遠しい。


昨日、今日とやたらめったらアツイ。
ラジオでも イギリスじゃナイみたいにいい天気だね~
と陽気に言っていたなー。

ウチのご近所さんは お年寄りが多く、みんな口々に
暑すぎる、外出なんてできたモンじゃない、と言っている。

こんな天気で、週末っていうのもあって、海は大混雑。
海なんて 日陰がナイじゃない~、やっぱ木陰だよ、
ってことで、木陰を求めて オットと森へ逃亡した。

まずは 腹ごしらえ。ガーデンカフェで簡単なランチ。
あえて写真に撮るほどのゴハンでは、ない…。


チップス、タマゴつき。オットはバゲットとサラダ、チーズ。

このあと 別のガーデンカフェにも行き、隣接した雑貨のお店で
かわいい カワイイ 玄関マットを購入。


カワイスギ。大満足。
これからは、にゃんこが 行ってらっしゃい! とお見送り、
お帰りなさ~い☆ とお出迎えしてくれるー!!

そして、いざ森へGO → !!!
人がたくさんピクニック、日なたぼっこしてるところを避け、
ちょっと奥へ行き、木陰を見つけ、早速シートを敷く。


ゴザ風のシート。あ、サンダルは 雑誌のオマケ。
このビーサンも、タタミ風になってて、使い心地イイ。

寝っころがると、ゴザの匂いと緑の匂い、
そよ風と 鳥のさえずりがホントにキモチいい。
オットは 新聞を、ワタシは小説を読もうと持参するも
まずは目をつぶり 深呼吸。

寝っころがったまま、写真撮影。スグ横を撮ってみる。
ここに寝てましたー。 


空を仰いで 


アタマの方角 
あえて見えたままに、撮ったままに逆さの景色で。

こんな細い道を抜けると… 


こんなお花が咲いていたりする。 
手前の 野あざみ みたいな花、キレイだったな。

結局、2人とも 本も新聞も読まず。
あまりにキモチよく、ワタシは寝てしまう。
だって夢みたもん。で、何で起きたかっていうと、
オットのイビキで。

早めに帰ってきて、シャワーを浴びてスッキリし、
バルコニーでまったりした。
冷たいお水を 桶に入れて水浴び。 ( 足のみ )

あまり足を水につけすぎると、後で
足がダル~く、重~くなるよ、というお母さんのコトバを思い出し、ほどほどに。

そして、お寿司と夏野菜のさっぱり夕食を食べた。

夏は野菜だね! 
でも やっぱり日本の野菜がオイシイんだよねー…

トウモロコシは もっともっと あま~いし、味が濃厚だし。
キュウリは水っぽくなくて、パリっとしてるし、
冷えたキュウリにお味噌つけて 丸かじりとか ものすごいオイシイし。
こっちの 水っぽく 種の多い ぶっといキュウリは、丸かじりなんて まずムリ。

ナスも味違うなー。トマトとアスパラは、まあまあイケるかな…
でも、でもやっぱり 日本の夏を 日本の夏野菜を 味わいたいと思った夕食どきだった。

特に、お母さんのあの ぱりぱりキュウリの浅漬け ( ? )
食べたいなー。キンキンに冷えたやつ。
醤油とショウガと何かでつけたやつ。
こっちのキュウリじゃダメだなー レシピ教わっても…

ああ、日本の夏が恋しい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。