上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス、朝 雨がしとしとしと…
仕事に行き、帰り道、快晴。
で、 こんなの発見した。

虹の玉 
洗面所のタイルの上で
ゆらゆら~っとしてた。


で、ナニがビックリしたって、こんなの初めて。
話に聞いたことはあったけれども。

の~んびりパソコンで遊んでたら、窓に何かが当たる音がした。
急にバンッッッッ!!って。スゴイ音。
で、 びっくぅぅぅー!! として、ドキドキしながらも窓を見ると…

ハトが、ハトが…  窓に激突したみたい。
勢いよく飛んできて、窓ガラスに激突した模様。

びっくりしたよぉぉぉぅ… ドキドキがしばらく止まらなかった。
ハト、大丈夫かなぁ。あんなに突進して当たってはね返って…

でも どうして?
前にある大きな木がガラスに反射してたのかなぁ、やっぱり。
( 週末オットはバルコニーと窓ガラスを ピカピカに磨いた。 )


そうじゃなかったら、窓を大きく開けっ放しにしてる
まさにソコに飛び込んできたら、コワイよう…
グイ~ンと入ってきて、室内でバサバサやられたら、気が動転する。

とにかくハトは すぐに正気を取り戻したみたい。
ってゆーか ちょっと自分も動揺してたみたいで、
ハトのドキドキ感、そして ワタシとしたことが… というような
こっぱずかしさが伝わってきたよ。

急いで バサバサバサっと飛んでいった。
でもちょっと イタタタタ… ってカンジだった。
もう ココにぶつかっちゃダメだよ。気をつけて~!!

それにしても、あぁ、びっくりした… ( ようやく正気に戻ってきた、ワタシも。 )

スポンサーサイト

Comment


なにコレ? この七色の物体は?
何かに反射しているの? それとも自然現象???
やっぱりイギリスには、ハリーポッターが居るんだわ!! ジョーたん君に影響されてます、わたし・・・反省)

我が家には、昨日ツバメちゃんがドアを開けた瞬間に入り込んできて、わたしもどうしていいか分からなくなって、パニクりました!
でも自分で出口(ドア)を見つけて、去って行った・・・ 
我が家には大きなガラスの窓があるので、そこにぶつかるのではないかと、ヒヤヒヤ*
何もなくってよかった♡
>Moサマ
うわぁ… ワタシ、ハリポタわからないんですよ~。
日本でも流行ったというのに…

ツバメ、ハトよりは小さいとはいえ、
家の中を飛んでたら 心臓バクバクですよねー。
何事も無くてヨカッタですね☆
しかし、そのコは何の為に?? ちょっと迷ってしまったんでしょーか???
はと
私も、ベランダに続く窓を全開にして寝ているときに(もう明るかったのですが)急にばさばさと音がして「クルックー」と鳴き声がしたのでびっくりしたのですが、怖くて目を開けられず、布団にもぐっていたら勝手に出て行ったことがあります。すごくびっくりしますよねー。
うちのベランダに巣を作ろうとしていたみたい。それはちょっと勘弁・・・ということで、何度か追い払ったらあきらめて出てゆきました。
>Tomoさん
えぇ?ハト、寝室に入ってきたんデスカ?
それは 怖かったでしょうね…
しかし窓全開で寝てるのも 別のイミでコワイんですけど…
窓は閉めて寝てください~!
ハトとかって、環境順応力が優れていますよネ。
スゴイなぁ…

そうですねー(汗)なぜあの時、窓開けっ放しにしていたのか。うちはアパートの1階(日本式の2階)なので、へんな人に入られる心配とかはないと思うんですが、たぶん暑かったので一回起きて、窓を開けて2度寝、ってパターンだったと思います。

ドイツの都市では結構はとが多くて、糞害もひどいしちょっと嫌です。はとにえさをあげてはいけない法律があるらしいですが。そちらではどうですか?
>Tomoさん
ハトに関する法律なんぞは 聞いたコトありません。
ブハー、って笑うとこじゃナイけどその法律、オモシロい☆
ハト密集地はフンもそうだけど、羽もイジョーにブワブワ空中に浮いてて、
そういうトコロは鼻と口をふさいで足早に通り過ぎます。
そして、野外のカフェなどは ハト、カモメの陣地です。
彼ら、慣れたモンで、絶対逃げません!そして雑食。何でも食べる。
食べ残しなどは やらないのがルールかな、テーブルにあがってきちゃうから。
人が去ったテーブルに、群れていたりします。で、動じないくせに
彼ら、急にバサァーって一斉に飛び立つから… 人の歩く先にヨチヨチ歩いてたり…
驚かせたくないから ゆっくり歩くと 歩く先にまた移動。で、逃げるときも徒歩。飛べばいいのに。
トリの話題はつきません。いや、憎めないんデスけど…

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。