上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オット、本日大忙し。
まずは 早起きし、サンデーマッケット へ。

毎週日曜午前に催される マーケットは、アンティークものや
人が使い古したガラクタなどが、路上やカーブーツ ( 車のトランク )
で売られている。

オット、デッカイ木製の鏡を買って ハナタカダカでご帰還。
若い女性が売っていたモノで、売れなくて持って帰るのは面倒だから
と ちょっとまけてもらい、買ったモノだとか。

確かにステキ。でもね、
指輪や鏡は魂が宿るモノだから、人の使ったのは買わないんだよ。
前に使ってた人が 不幸だったら、不幸もついてきちゃうから。
と 言うと、オット、ガックリ。
明らかに肩を落とし、Mが喜ぶと思ったのに… と落胆。

ワタシが前に こんな鏡が欲しいと言っていたのを覚えてた様子。
ワタシの両親がイギリスに来るのもあって、買ったのかも。
そして 自分も気に入っちゃったご様子。
新品で買えば、高い。
この ほぼ新品同様の鏡を、ワタシが気に入りそうな鏡を、
値切って安く買ってきた。なのに… という雰囲気。

ワタシ、高々としたオットの鼻を、へし折ってしまった模様。

ガッカリするだろうな、とは思ったけど、鏡だったからさー。
オットは返品してこようか? とか 鏡の部分だけ別のに替えようか?
とか 言ってたけど、
ピッタリサイズの鏡は見つけるの困難でしょー…

しかも、ここ英国では 鏡を割ると、7年間不幸が続くという迷信が。
替えるときに、割れたら それこそどーするよ?!

で、すでにキレイな鏡だけど、ワタシが使用前に鏡の面をよく磨くから…
と言ってオットをなだめる。
何か買うときは Mが一緒じゃないとダメだね、と じょげていた。

大丈夫!絶対 不幸は呼び寄せない!!!


オットがマーケットから帰ってきた時、まだ寝ていたワタシの
枕元にも 何か発見。夢占いの本だ…

ワタシがガンガン夢を見る ( オールカラーで映画のように。 ) ってこと、
そして ガンガン寝言を言う ( しかもハッキリ。デカイ声で。
自分が喋ってる声や 笑ってる声、怒鳴ってる声、泣き声で
目が覚めるほど。 ほぼ日本語。 )
ってこと、良くご存知だからね、オット。

夢占いの本は、日本語版も英語版もぶ厚いの、持ってるんだけど…
アリガトね…
自分のモノはあまり買わず、ワタシに色々買ってくれる、それは 嬉しいよ。
たとえ不用品であったとしても、気持ちは嬉しい。
ただ、買い物は一緒のときがいいね、やっぱり。


さて、本日は オットの姉1ファミリー、ワタシにとっては
義姉、義兄、甥っ子、姪っ子が、オットの姉2の家に集まっている、
ということで、顔を出しに行く。
オットは 夕方ドイツ出張のフライトを控えている為、
トランク持参で。

おこちゃまたちは、大ハッスル。
どこに そんなパワーがあるのか?
一通り はしゃぎまわったあげく、持参してきた水着に着替え、
この曇り空の中、うすら寒い中、 「 野外の 」 おこちゃまプールにて
これまた 大さわぎ。

そして、特別な肌を持っているのかと思わせた彼らも
やっぱり人の子、 「 … サムイ…。 」 ときた。

オットが 走れば体があったまるよ。と助言すると
海水パンツいっちょで ビショビショの体のまま、
風をモロに受け、走る。ああ、寒そう…

ランチ ( 野外でサンドイッチ ) と ディナー ( 義姉2宅にて )
を一緒にどう? と言われ、ドキドキするも、
オットのフライト時間が迫ってきていた為、イチ抜けすることに。
でかした、ナイス オット。
フライトがなかったら、丸1日ご一緒するところだった。危ない、危ない。

オットとワタシと旅行カバンとで、パブへ移動。

お気に入りパブ 
椅子やソファが1つ1つ違うところがスキ。

オット用 
ロースト ビーフ

ワタシ用 
ロースト ベジ - 全て野菜

ここの ベジロースト、美味しかったんだけど、
ベジバーガーの味が すっかり変わってたなぁ。
以前のほうが断然オイシイ。料理人がかわったのかなぁ… ザンネン。

オットは1パイント ( デカいグラス ) のビールを2杯飲み、
ワタシは ハーフパイント ( 小さいグラス )の シャンディー、
( ビールとレモネードを割ったもの ) を1杯飲み、
オットは慌しく 空港へと向かっていった。
金曜の夜まで一人だな… つまりケンカの相手は居ないのだ。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。