上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バナーを貼っている ファーを買いません同盟 の管理者の方から
メールが届きました。以下 送られてきたメールです。↓

………………………………………………………………………………

とても嬉しいお知らせが毛皮反対団体PETAから届きましたのでご紹介します!

●世界的に有名なアパレルブランド「ラルフローレン」が毛皮製品全面 廃止を決定!!
●ラルフローレン氏はPETAと話し合いを重ね残酷な中国毛皮養殖所の
 ビデオを見て、純粋に倫理的な理由から

・2006年ホリデーコレクションから毛皮製品全面廃止
・未決のすべてのファー製品の注文をキャンセル
・2006年秋コレクションの1200着の毛皮のコート
(部分的に毛皮のものも)は発展途上国に寄付

することを決定したそうです。
これには洋服類だけでなくホームコレクションという
家具などを扱うコレクションも含まれています。
→全文はこちら(英文・ショッキング画像無し)
http://www.furisdead.com/feat-RalphLaurenVictory.asp
→ラルフローレン氏が見たビデオ(ショッキング画像あり) 
http://www.furisdead.com/feat/ChineseFurFarms/

この決定をしたことで一体何匹の動物が人間の欲求のために殺されずに済むでしょうか。
あの恐ろしい殺され方をされなくてすむでしょうか。
日本でも人気のあるブランドですから毛皮の実態をお友達にお話になることがあれば
興味を持ちやすくなるかも知れませんね。
最近ではバーバリーも中国産毛皮限定で廃止しました。

-日本で毛皮を廃止した企業はユニクロとパルシステム生協を私は知っています。
日本の大手企業でも分かってくれることはあるのです!
こういった大きな前進は毛皮に反対する消費者の力で得られた物です。

皆さんが同盟に参加してくださったおかげで毎日必ず同盟への申し込みがあります。
最初は数人から始まったのが5ヶ月たった今、239人にまで毛皮を購入しない、
広めるためにバナーを貼ってくださった方が増えたのです。

今年の秋冬もここ数年と同じようにファー製品が流行するかも知れません。
街で見かけるたびにため息をつきたくなりますが、
ここは逆に「毛皮のことについて話してみるチャンスが多い」と
流行していることを利用していこうと思っています。

日本は残念ながら世界よりも遅れていますが徐々に、地道に毛皮に反対する
消費者を増やして大きな力に変えていきましょう。
最後までお読みくださって本当にありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします!

私たちはファーを買いません!同盟 pjs

*おまけ*インド独立の父ガンジー氏の言葉
「国の偉大さと道徳心は、その国の動物の扱い方で解かる」
軽視されがちな動物の命、存在。日本はゴミの様に物の様に扱っていないでしょうか?

………………………………………………………………………………

↑ 以上 送られてきた お知らせメールでした。
バナーを貼っているので、また リンクしてくださっている
La Vita Toscana - イタリアのトスカーナな日々
MOさんへの お知らせも兼ねて、このメールを記事に残しました。

スポンサーサイト

Comment


はじめまして。
突然の書き込みでごめんなさい。
とても嬉しいお知らせです。教えてくださってありがとうございます。
日本の企業も早く気づいて欲しいです。
私もファーを買わない主義です。
>みぃ♪ さん
はじめまして。
ご訪問&コメント、ありがとうございマス。
早速 みぃ♪ さんのblogにオジャマさせていただきました。
みぃ♪ さんのステキな暮らしっぷりが手に取るようにわかる、素敵なblogですね☆
ねこ好き、旅行好き、雑貨好きなど共通点も多く、楽しませていただきました。
プロフィールの 「 夫:ひとり 」 には笑っちゃった!
また オジャマさせてくださいねー。よろしくお願いします☆
Grazie!
Mちゃま*
遅くなってごめんなさい。お知らせありがとう!
でも、さすが、ラルフローレン、ますます好きになってしまいます♪
ほんとう、こんな小さなバナー一つでできることってあるんですね!
うれしい*
>MOちゃま*
ウン、嬉しいお知らせでしたよねー
これからも、きっと そういう動きがあるでしょう。
ちょっとのコトでも、何の変化もないよりはずぅ~っとイイ。
ちょっとのキッカケで、大きく変わることもある。ヨカッタですね☆

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。