上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しく。日本語でなく、英語で。

いつも外国作家のものは 途中で飽きてしまったり、
面倒くさくなったり、なかなか最後まで読みきれなくて。
なかなかムチューになる英語の本に出逢えなかった。

しかし つい最近、本屋さんで 村上春樹の本を見つけた。
で、コッチの価格としては、安めだったので買っちゃいまシタ。
( このタイトルだけ。 多分一番メジャーなタイトルだからかな? )

ノルウェーの森 
何だか表紙も好きで。
CDもジャケットで決めたりすることもあるので…

ここの出版社から出ているのは このタイトルだけ安いんだけど、
他の出版社のは 同じタイトルなのに高かった。
値段と表紙でコレに決定。しかもすごく有名なのに、日本語でも
読んだコトがなかったので、先入観ナシで読めるかな、と。

外人作家と違って、英語に翻訳されているとはいえ、
日本人魂の感じられる行間だろうな、きっと。
背景も日本なわけだし、
外人作家の書いたモノより、すんなり入っていけそう… と思った。

期待通りで、かなり飽きずによんでマス、今のトコロ。
あ、早く続き読もう、という気になっている。

本は 日本語で読んだ方がオモシロイ、というのが持論だけど
日本語→英語に翻訳されたモノは、とっつきやすい。
英語で読んでても、日本の本を読んでいる感覚にかなり近い。

そして、日本独特なモノやコトなども、ああ、こういう言い方するのね、
わかりやすい英語だな、と勉強になったりする。 ← スグ忘れるけどさ… 。

表現が 実にシンプルなのに、とってもわかりやすい。伝わってくる。
難しい言葉はナシで、カンタンな英単語だけを使っているのに。
そんな表現、いざ自分が話す時 出てこないんだよね。簡単なことと思っても。
コトバのプロの成せる業か。いつかやりたいなー、翻訳。


という訳で、ノルウェーの森はホリデー ( 9/3~9/10、フランス、イタリア )の
お供になりそうだ。まだ前半ちょこっとしか読んでいないので。

コレ読み終わったら、また Haruki Murakami の別のタイトルを
購入予定。彼の作品は ココ英国でも とっても沢山揃っていて、
本屋さんには彼のコーナーがあったりして、カンタンに手にはいる。

英国では ここ最近、日本の作家が浸透しつつあるらしい。
( もっとも このノルウェーの森は、全世界で超有名らしいけど。 )

ひとつも 彼の作品を知らないので、先入観がナイのがまたいいんだろうな。


イロで遊んでみる。→ 



これからこのストーリーはどんな風にすすんでいくんだろう。
日本語で読んでなくてヨカッタかも。
英語で読んでみてから、じっくり日本語で。という読み方もいいかも。

スポンサーサイト

Comment


これ、私も本やさんで見ました!
お安くなってますよね。
このシリーズで、三島のとか桐野夏生のとかも出てましたね~。

村上春樹は、日本語で読むのと英語で読むのと、微妙に感覚が異なるんですよね。私は両方読んでます(笑)。
楽しめるといいですね。

家の旦那も最近。 ノルウエーの森読んでました。で、すごくはまったらしく、その後、何冊か読んでます。(私は、日本語専門なので読みませんが・・・・)

海外で活躍している日本人の姿見ると嬉しいですよね。
がんばれ。村上春樹!

でも、その後読んだ、KAFKA ON SHORE は、どうやらいまいちだったのか、一言も触れません。でも、黒猫が表紙なんですよ!
是非読んで教えてくださいませ。

それより、ホリデーいいなあ。
フランスもイタリアも近いようでなかなか行けない。。。。

私達は、ここ2年。アジアを旅してきたんです。 で、お財布すっからかんになって帰ってきてるので、今激貧。。。
赤ちゃんごめんなさい。です。
>みらサン
みらサ~ン、コンニチハ。
楽しんでマス。とっても。また彼の作品買う予定デス。
弟が日本語でほとんど読破してるらしく、どれが面白いか教えてくれました。
ハズレもあるらしいので、スキな作品を聞いときました。
そう、桐野夏生の今日買いましたぁー。前回一緒に買ってれば、3 for 2で
1冊何かタダだったのにぃ~ と悔やまれます…

日本里帰りしたら、日本語版も買って読んでみようかしら…
みらサンはどっちがスキですかー?
>ナイトさん?
ナマエがなかったので… でも察するにナイトさんですよね?
黒猫の話も出ているし。旦那サマも読んでいたのですね~
ワタシのオットの友達の奥さんも最近読んで大ファンになったと聞きました。
それを聞いてオットも興味津々。かなり有名人ですね、村上春樹さん。
そうそう、弟が海辺のカフカはイマイチ…って言ってました。
A Wild Sheep Chase もイマイチとか… で、
South Of The Border, West Of The Sun
と Dance Dance Dance を薦められました。

旅行、ワタシは逆でヨーロッパばかり。アジアの国を訪れたコトがないですー

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。